HOME>特集>走り回ることで多くの人に注目される宣伝手法

歩行者への宣伝効果が高い

トラック

宣伝を目的としてボディー本体に広告を配置した車のことを、アドトラックと言います。人口の多い地域でよく見られる宣伝手法で、非常に効果が高いことから様々な業種の企業によって活用されるようになってきました。このように導入が進んだ背景には、アドトラックは従来の広告媒体に比べ、歩行者の目を引き付けやすいという特徴があるからです。本体は車としての機能を有しているため、道路を自由に走行することができます。そのため信号待ちなどで立ち止まっている歩行者の目に留まりやすく、全く動かない立て看板よりもその内容を確認されやすいのです。

音声を流すことで認知度アップ

ダイナミックな広告が可能な点も、アドトラックが選ばれる理由です。アドトラックでは、音声を流すことができます。聴覚にも訴えることで下を見ている人の注意をひきつけ、広告を見せることが可能になります。広告の内容を細かく変えることもできます。看板では一度設置してしまうと、他のパターンに変えるのはそう簡単にはできません。ところがアドトラックならば、元々頻繁に広告を変更することを想定しているため、こちらの要望にもすぐに対応してもらえます。期間限定のイベントや商品を告知したい時など、柔軟に対応してくれるアドトラックは便利です。

広告募集中